新生児の「しゃっくり」を確実に止める方法まとめ

新生児 しゃっくり 止め方

 

生後1年以下の新生児は、特にしゃっくりが出やすいです。

 

しかし、新生児のしゃっくりの止め方は本当に難しいですね。

 

自然に治るのはほとんどですが、あまりにも長引くと体力を奪うことに…。

 

新生児のしゃっくりを止めるには、どうすればいいんでしょうか?

 

ここでは、新生児のしゃっくりを止める簡単な方法を見ていきましょう。

 

 

そもそも、新生児がしゃっくりする原因とは?

 

新生児 しゃっくり 止め方

 

止め方を学ぶ前に、原因を考えてみましょう。

 

新生児だけじゃないですが、しゃっくりは横隔膜のけいれんが原因です。

 

新生児の横隔膜は大人よりけいれんしやすいのです。

 

そのため、大人よりもしゃっくりの頻度が多いんですね。

 

 

けいれんの原因としては

 

  • おっぱいやミルクを飲んだことによて、胃や食道が動き、刺激となったから
  • 湿ったオムツを着けたままだったため、体温が下がったから

 

という、大きく分けて2つの原因があります。

 

この原因を絶つ方法が、しゃっくりの止め方となります。

 

 

背中をさすってあげてしゃっくりを止める

 

新生児 しゃっくり 止め方

 

具体的な止め方ですが、新生児の背中をさすってあげましょう。

 

これが軽い刺激になって、横隔膜のけいれんを止めてくれます。

 

刺激でけいれんが始まったんですが、もう一度刺激するということで止まることがあります。

 

また、赤ちゃんがリラックスしたり、体温上昇の効果もあり、一石二鳥ですね。

 

「ヨシヨシ」と声をかけながら、背中をさすってあげるといいでしょう。

 

 

別の止め方として、背中をトントンしてあげるのもいいですね。

 

横隔膜に軽い刺激を与えることによって、しゃっくりを止める効果があります。

 

 

ゲップをうながしてしゃっくりを止める

 

新生児 しゃっくり 止め方

 

新生児はおっぱいやミルクを飲むときに、一緒に空気を吸い込んでしまうと、胃や食道の負担になってしまいます。

 

そして、しゃっくりが出てしまうんですが、止めるにはゲップをさせてあげるのもいいですね。

 

ゲップを出させるには、新生児を自分の背中におんぶしてあげましょう。

 

顔を肩から出させるような感じで、おんぶしてください。

 

そして、やはり背中をトントンと軽く叩いてあげます。

 

こうすると、胃が適度に圧迫されてゲップが出やすいです。

 

ゲップというと関係ないように思えるかもしれません。

 

しかし、しゃっくりの止め方としてけっこう良いやり方です。

 

 

大泣きするとしゃっくりが止まる

 

新生児 しゃっくり 止め方

 

別の止め方ですが、新生児が泣くことを利用する止め方もあります。

 

大泣きすると、しゃっくりが止まるのです。

 

泣くと肺や横隔膜付近の筋肉を使うので、横隔膜のけいれんが止まりやすいからです。

 

だからといって、わざと泣かせるようなことはする必要ありませんが、自然に泣いている場合はちょっとの間、観察しているとしゃっくりが止まっている場合がありますので、知っておくと良いですよ♪

 

 

うつぶせにしてしゃっくりを止める

 

新生児 しゃっくり 止め方

 

うつぶせにすると背筋が伸びて、首や背中の筋肉を使うので、しゃっくりが止まります。

 

これを止め方として利用できます。

 

ただし、新生児くらいだと寝返りが打てない場合も多く、長時間放っておくと危険です。

 

必ず大人が見守ってあげていてくださいね♪

ページの先頭へ戻る