赤ちゃんの「しゃっくり」を確実に止める方法まとめ

赤ちゃん しゃっくり 止め方

 

赤ちゃんのしゃっくりを見ると、すごく心配になりますよね。

 

しかし、しゃっくりの止め方が分からない人も多いことでしょう。

 

ヒックヒックと苦しそうに繰り返している赤ちゃんを、そのまま見守るしかないんでしょうか? 

 

ここでは、赤ちゃんに出来るだけ負担をかけずに「しゃっくり」を止める方法をまとめました。

 

 

そもそも、赤ちゃんがしゃっくりする原因とは?

 

赤ちゃん しゃっくり 止め方

 

赤ちゃんのしゃっくりを止めるには、まず原因を考えてみましょう。

 

実は、赤ちゃんは胎内にいるときからしゃっくりをしています。

 

仕組みはよくわかっていないのですが、なんらかの目的があって横隔膜を痙攣させているようですね。

 

 

胎内でしゃっくりをする仕組みが、生まれてからも続いているんですね。

 

ですから、大人よりも頻度が高いんです。

 

また、大人と同じで、おっぱいやミルクを飲むときに、一緒に空気を吸ってしまってしゃっくりが引き起こされることもあります。

 

いずれにせよ、自然なことなのであまり心配する必要はないでしょう。

 

それでもやはり気になってしまうのが親心というものですよね。

 

あまりにも長引くと、赤ちゃんの体力を奪うことにもなりますので、止め方を学んでいきましょう!

 

 

赤ちゃんの体を温めてしゃっくりを止める

 

赤ちゃん しゃっくり 止め方

 

まず、赤ちゃんのしゃっくりの止め方の基本として、体を温めてあげましょう。

 

横隔膜のけいれん(=しゃっくり)ですが、体温が下がるとけいれんしやすくなります。

 

ですから、体温めてあげると早く止まります。

 

具体的な止め方ですが、38度前後に温めたタオルを利用しましょう。

 

そのタオルで赤ちゃんの横隔膜の位置、みぞおちのあたりに置いて温めます。

 

たったこれだけですが、大変効果がある止め方です。

 

 

また、別の止め方としては、おむつをチェックしてみましょう。

 

おむつが濡れていると赤ちゃんの体温が下がってしゃっくりを引き起こします。

 

ですから、おむつが濡れている場合には、変えてあげましょう。

 

 

ミルクを飲ませてしゃっくりを止める

 

赤ちゃん しゃっくり 止め方

 

体を温めてもしゃっくりが止まらなければ、ミルクを与えるという止め方がオススメです。

 

大人でも同じですが、胃を活動させることによって横隔膜に刺激を与え、けいれんを止める効果があります。

 

適温に温めたものであれば、体温も上昇しますし、一石二鳥の止め方ですよ♪ 

 

ミルクでなくとも、お茶や湯冷ましでも大丈夫です。

 

 

刺激を与えるという意味では、背中をトントンと軽く叩いてあげる止め方もよいでしょう。

 

赤ちゃんが喉に食べ物を詰まらせたときと同じ要領で、軽く叩きます。

 

 

環境を変えてしゃっくりを止める

 

赤ちゃん しゃっくり 止め方

 

ちょっと変わったしゃっくりの止め方としては、赤ちゃんの気分を変えて、リラックスさせてあげましょう。

 

そうすることで、体の血流がよくなったり、ちょっとした刺激になったりしますので、しゃっくりを止める効果があります。

 

家でじっとしている場合は、一緒に散歩にでかけるのもいいでしょう。

 

また、時間がないとき、外出時などは抱き方を変えてみましょう。

 

ブランケットで包んだ赤ちゃんをギュッと抱いてあげると、体温が上がり落ち着くので効果がありますよ♪

ページの先頭へ戻る