しゃっくりが止まらずストレス…しゃっくりとストレスの関係とは?

しゃっくり 止め方 ストレス

 

仕事中、友人との会話中、リラックスしているときなど、いつ何時起こるか分からないしゃっくり。

 

嫌なタイミングで始まると、ずっと止まらずにストレスになりますよね?

 

ここでは、今すぐ「しゃっくり」を止める方法について紹介していきます。

 

 

ストレスとしゃっくりの関係とは?

 

しゃっくり 止め方 ストレス

 

そもそもしゃっくりというものは、横隔膜のけいれんが原因で引き起こされるものです。

 

「ヒック」と音が出てしまうのは、横隔膜がけいれんしていることで引っ張られた声帯が閉じるからです。

 

そんなしゃっくりですが、ストレスが原因で引き起こされるときがあります。

 

しゃっくりというと物理的な刺激によるものというイメージがありますが、精神的なストレスによっても引き起こされるんですね。

 

 

このストレスによって引き起こされたしゃっくりの止め方は、どんなものがあるのでしょう? 

 

しゃっくりの止め方は、とりあえず、物理的な方法で止めてしまうのが良いでしょう。

 

 

物理的な方法で止める!しゃっくりの止め方

 

しゃっくり 止め方 ストレス

 

具体的な止め方としては、息を止めたり、水を飲むといった止め方が有名ですね。

 

具体的な止め方は、別のページで説明しています。

 

 

こうしたやり方で止まってしまう場合も多いです。

 

しかしストレスによるしゃっくりの場合は、長時間止まらなかったり、物理的な止め方が効かなかったり、頻繁にしゃっくりが出たりします。

 

通常の「しゃっくり」よりやっかいなんですね。

 

 

例えば、自然にほっといても通常のしゃっくりは治ってしまいます。

 

30分以内に治ることがほとんどですね。

 

しかし、ストレスが原因の場合は4時間以上も続くことがあります。

 

これは女性の場合が多いので、特に気をつけなければならないそうです。

 

ストレスが根本原因なので気持ちが落ち込んでいるときなど、特に出やすくなったりします。

 

しゃっくりのほか、脇腹が痛くなったり、胸が苦しくなったり、といった症状を持っている人が多いようです。

 

 

環境や食生活を変ええるのが一番大切!

 

しゃっくり 止め方 ストレス

 

このストレスによるしゃっくりの止め方ですが、対症療法的なものしかありません。

 

止め方を考えるよりは、予防するのが一番ですね。

 

ストレスを貯めこまないように環境を変えるのがオススメの予防法です。

 

しかし環境をどうしても変えられない場合は、食事などに気を使いましょう。

 

肉類よりも果物や野菜を多く摂るようにしてください。

 

セロリやしそ、大根などビタミンやミネラルが豊富なのでオススメですね。

 

また、ストレスに効く漢方を利用するのもよいでしょう。

ページの先頭へ戻る